FC2ブログ

すがわらさおりのblog

ミュージカル女優、菅原さおりの出演情報、日記など

Entries

テレビで、難病と闘う子供とその家族の番組を見た。
(番組名は忘れてしまったけど・・・)

患者数も少なく、日本に専門の医師もいないような難病を抱え、それでも希望を失わず懸命に看病を続けている家族と、それに応えようとする子供、「生きる力って素晴らしい!」と心が震え、涙なしには見られなかった。

ある難病を抱えた女性の10歳になる息子さんが、こんなことを言っていた。

「お母さんは、僕にとっては普通のお母さんだよ。お母さんは病気だから、僕が守ってあげるんだ」

私は自分の親に楽をさせてあげたことはあるだろうか?
親を安心させ、幸せにしてあげているだろうか?

と、考えたら胸が痛くなった。

また、生死の間をさまよっていた5歳の少女が、家族のDVDからの呼びかけや懸命な看護の末、集中治療室を出て、家族と電話で話す様子が映し出された。

「家族の愛」って、何にも変えがたいものなんだな、と改めて感じた。

もっともっと家族を大切に生きようって、思った。
(なんだか稚拙な文章だけど、うまい言葉が見つからないので・・・)

この番組、昨日もそして明日もやるみたいだ。

昨日は外国で働く日本人を取り上げていた。
南米で障害者施設を設立した日本人女性、カンボジアで訪問看護をする看護士、アフリカで医師としてたった一人で診察から手術まで行う日本人男性。

みんな自分を犠牲にしてまで、他人を助けている。
それが生きがいなのだと言う。

そんな生き方もあるのだな。

私に出来ることは何だろう。
私が歌う意味は何だろう、と考えずにはいられなかった。









スポンサーサイト



Comment

色付きの文字
昨日 私もその番組見たよ。
何か考えさせられちゃうよね。
さおちゃんと同じこと考えた。「家族愛」について。
この先、何年一緒に居ることができるだろぉ??って思った。
 今しか出来ない自分のこともあるけど、今しか出来ない家族との時間もあるのかなぁ?って考えちゃったよ。
  • posted by バネ子
  • URL
  • 2007.10/11 02:02分
  • [Edit]

>バネ子

バネ子も見たhttp://blog112.fc2.com/image/icon/i/F9A8.gif" alt="" width="12" height="12">
いい番組だったよね。
普段忘れているもの、後回しにしているものを思い出させ、考えさせてくれたよねhttp://blog112.fc2.com/image/icon/i/F994.gif" alt="" width="12" height="12">
  • posted by さおり
  • URL
  • 2007.10/11 12:47分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

菅原さおり

Author:菅原さおり
千葉県出身。
国立音楽大学声楽科卒。
大学在学中に劇団四季オーディションに合格し、「夢から醒めた夢」で初舞台を踏む。
その他「CATS」「美女と野獣」「人間になりたがった猫」等に出演。
退団後、「キャンディード」「The Boy From OZ」「Sweeney Todd」「三文オペラ」「SHE LOVES ME」などミュージカルを中心に活躍。

カレンダー

04 | 2021/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のトラックバック

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム